文学50選

個人的な文学作品の50選です。


一昨年から趣味の読書がしばらくストップしてましたが、今年に入ってからまた読書を始めました。
ここ最近は特に読書三昧だったので、読みたい文学リストの大部分を埋めることができました。
というわけで、ここいらで私が特にお気に入りな文学作品の50選を作ることにしました。


最初は100選にしようとも考えましたが、50選のほうがより純度の高いベスト・オブ・ベストという感じなので、現時点では50選にします。
50作品に厳選したので、泣く泣く削った作品も多く、好きでありながら入っていない作家も一杯います。
また、今はまだ苦手な分野もあるので、今後それらの分野を克服できたら、よりパワーアップした100選を作れたらいいかなと思っています。


順番は作者名→作品名で五十音順に並べています。
近代文学が大半を占めますが、現代文学もそれなりに入っています。
最近の文学も読まないわけではないですが、古い作品のほうが個人的に高く評価している作品、美しい文章に酔いしれた作品が多いですね。


古い作品ばかりなので、どれだけ趣味が合う人がいるかは疑問ですが、この作品は自分も好きだなとか、自分だったらこの作品を入れるなとか、いろいろ考えながら見るのもまた一興でしょう。
それでは御覧ください。



《文学50選》


No.1 アガサ・クリスティアクロイド殺し

No.2 アゴタ・クリストフ悪童日記

No.3 アナトール・フランス『神々は渇く』

No.4 アナトール・フランスシルヴェストル・ボナールの罪』

No.5 アレクサンドル・デュマ・ペール『三銃士』

No.6 アレクサンドル・プーシキン『エヴゲーニイ・オネーギン』

No.7 イヴァン・ゴンチャロフオブローモフ

No.8 イリヤ・エレンブルグ『パリ陥落』

No.9 イワン・ツルゲーネフ『ルーヂン』

No.10 ウィリアム・アイリッシュ『幻の女』

No.11 ウィリアム・メイクピース・サッカレー『虚栄の市』

No.12 ウィリアム・シェイクスピアハムレット

No.13 ヴェルコール『海の沈黙』

No.14 エミリー・ブロンテ嵐が丘

No.15 エミール・ゾラ『居酒屋』

No.16 尾崎紅葉『多情多恨』

No.17 オノレ・ド・バルザック『従妹ベット』

No.18 カズオ・イシグロ日の名残り

No.19 ギ・ド・モーパッサン『死の如く強し』

No.20 佐藤さとるだれも知らない小さな国

No.21 ジョン・スタインベック怒りの葡萄

No.22 スタンダール赤と黒

No.23 太宰治人間失格

No.24 谷崎潤一郎細雪

No.25 チャールズ・ディケンズ二都物語

No.26 テオドール・シュトルム『みずうみ』

No.27 中井英夫『虚無への供物』

No.28 ナサニエル・ホーソーン『緋文字』

No.29 夏目漱石虞美人草

No.30 夏目漱石『こころ』

No.31 夏目漱石『それから』

No.32 林芙美子浮雲

No.33 フョードル・ドストエフスキー罪と罰

No.34 フランソワーズ・サガン悲しみよこんにちは

No.35 フリードリヒ・フーケ『ウンディーネ

No.36 フリーマン・ウィルス・クロフツ『樽』

No.37 ヘルマン・ヘッセ春の嵐

No.38 ヘンリック・イプセン民衆の敵

No.39 堀辰雄風立ちぬ

No.40 マーガレット・ミッチェル風と共に去りぬ

No.41 三島由紀夫仮面の告白

No.42 水上勉飢餓海峡

No.43 水上勉『五番町夕霧楼』

No.44 武者小路実篤『友情』

No.45 森村誠一人間の証明

No.46 横溝正史悪魔が来りて笛を吹く

No.47 吉川英治宮本武蔵

No.48 ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ『若きウェルテルの悩み』

No.49 レイ・ブラッドベリ火星年代記

No.50 ロイス・ローリー『ザ・ギバー 記憶を伝える者』