2020.9.6 アニメ&ゲーム

いつものアニメ鑑賞録、そしてゲームも少々。


《アニメ鑑賞録》

観たいアニメがいっぱいありますが、思うように時間が取れなくて困ります。
今回は初鑑賞で最高と思える作品もありますが、最近お疲れモードだったのもあり、大好きな作品の再鑑賞にも力を入れてましたね。
古い作品から順番に、現時点での評価も載せています。


ドラえもん のび太の恐竜』(1980)
評価 : ☆☆☆
プライムビデオで映画『ドラえもん』シリーズが視聴期限切れになるので、良い機会なので観ることにしました。
さすがに全部観るのは大変なので、昔観て思い出深い作品をいくつかピックアップしました。
手始めにシリーズ第1作である本作から。
あらためて観るとちょっと物足りない感じでしたが、子供と異生物の交流という題材は好きなので、のび太とピー助の交流は好きでしたね。


ドラえもん のび太の大魔境』(1982)
評価 : ☆☆☆
映画『ドラえもん』シリーズ第3作。
アフリカを探検する雰囲気は好きですね。
「映画だといい奴になるジャイアン」という図式は、この作品で確立された。
ジャイアンファンは必見でしょう。


魔法の天使クリィミーマミ』(1983)
評価 : ☆☆☆☆☆
有名タイトルで、前々から観たかった作品ですが、ようやく観られました。
これは凄く好きなアニメで、今まで観た80年代アニメでも上位にきますね。
魔法少女+芸能界という要素に加えて、太田貴子のアイドル歌手・声優としてのデビュー作という企画ものっぽい感じですが、実際観てみると良くできた作品でしたね。
終始楽しく、心温まるエピソードが多く、ラストのコンサートも感動しました。
太田貴子の歌も声も喋り方も凄く癖になりましたし、優もマミも最高に可愛いです。
f:id:yukimurax:20200906201542p:plain

デリケートに好きして/太田貴子

Creamy_Bin Kan Rouge (video collection 2) DVDRIP

LOVEさりげなく


超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか』(1984)
評価 : ☆☆☆☆☆
急激に観たくなったので、Blu-rayを購入して再鑑賞しました。
超時空要塞マクロス』の劇場版ですが、単なるテレビアニメの総集編ではなく、単体としても最高の作品だと言えますね。
テレビ版から超絶パワーアップした映像に加え、蛇足だった終盤部分をカットし、実質のクライマックスである第27話までを再構築。
リン・ミンメイを主役として、「歌の力で世界を救う」というテーマを強く打ち出し、ミンメイファンである私にはたまらない作品です。
愛・おぼえていますか』を歌いながらの最終決戦は、あらためて観ても鳥肌が立ちましたし、ラストの『天使の絵の具』も深い余韻を残します。
f:id:yukimurax:20200906201555j:plain


ドラえもん のび太の宇宙小戦争』(1985)
評価 : ☆☆☆
映画『ドラえもん』シリーズ第6作。
今回はスネ夫のラジコン大活躍なので、スネ夫ファン必見でしょう。
本作からスネ夫は「メカの天才」というイメージが定着した。


エリア88』(1985)
評価 : ☆☆☆☆
新谷かおるの漫画が原作のOVA
外人部隊に入れられエリア88パイロットとなった男が、故郷の日本に戻るために戦いに身を投じる物語。
戦闘機の飛行・空戦シーンは迫力があります。
そして塩沢兼人さんの声はやっぱり良い。
このOVAは、結局主人公が恋人と再会できないまま終わってしまうのでモヤモヤしますけどね。
f:id:yukimurax:20200906201610j:plain

Area 88 How far to paradise


ドラえもん のび太と鉄人兵団』(1986)
評価 : ☆☆☆☆
映画『ドラえもん』シリーズ第7作。
映画版では特に評価の高い作品。
巨大ロボットが登場するのも良いですが、それ以上に少女ロボット・リルルが可愛い。
しずかちゃんの出番が多いので、しずかちゃんファンは必見でしょう。
今回あらためて観た印象としては☆☆☆なんですが、やっぱりクライマックスのしずかちゃんとリルルのシーンは好きだなぁ。
評価は甘くなりますが、シリーズ一番のお気に入りという個人的思い入れ込みで、星1つ分はオマケとご理解ください。
f:id:yukimurax:20200906201629j:plain

わたしが不思議 大杉久美子 【ドラえもん のび太と鉄人兵団 主題歌】【ドラえもん50周年】


バイオレンスジャック ハーレムボンバー編』(1986)
評価 : ☆☆☆
永井豪の漫画『バイオレンスジャック』のOVA
荒廃した無秩序な世界で、過激なエログロが繰り広げられます。
一般作品よりも過激ですが、本作の時点ではまだ物足りなさもあります。


バイオレンスジャック 地獄街編』(1987)
評価 : ☆☆☆☆
OVAにはエログロを描いた作品も多いですが、その中でも特に過激と言われる作品。
バイオレンスジャック』のアニメ作品の中で唯一の18禁指定で、監督は板野一郎
最近のアニメではお目にかかれない、情け容赦無い暴力とセックスの世界が展開されます。
初っぱなからゴキブリを食べるシーンに驚かされ、首ちょんぱ、集団レイプ、股裂き、食人と、過激なシーン盛りだくさんです。
虐げられていた女性たちが再起する物語もなかなか良かったです。
f:id:yukimurax:20200906201639j:plain


トップをねらえ!』(1988)
評価 : ☆☆☆☆☆
こちらも急激に観たくなったので、Blu-rayを購入して再鑑賞しました。
タイトルと第1話の内容がモロに『エースをねらえ!』なので、パッと見いかにもふざけた作品ですが、話数を重ねる毎に加速度的に面白くなっていきます。
「前半が退屈」なんて言う人もいますがとんでもない。
前段の布石があるからこそ後段で100%の感動が得られますし、今回あらためて観ても退屈など全くなかったです。
最近の作品のように視覚的なクライマックスの連続だけでは、それこそ我々の心に何も残らないでしょう。
それにしても、この作品に込められたスタッフ・キャストの熱量は凄い。
名前の通り、80年代OVAのトップに位置するハイクオリティな作品です。
f:id:yukimurax:20200906201651j:plain

酒井法子 Noriko Sakai - アクティブ・ハート Active Heart | トップをねらえ! Gunbuster OP (Full Translated Lyrics)

トップをねらえ ~Fly High~


バイオレンスジャック ヘルスウインド編』(1990)
評価 : ☆☆☆
OVAバイオレンスジャック』の3作目。
18禁だった『地獄街編』から再び一般指定に戻ったので、前作よりも凄惨さが薄れました(それでも一般作品よりは十分過激ですが…)。
今回の見所はジャックの不死身っぷりで、銃弾の雨を食らおうが、ミサイルの直撃を食らおうが死なないジャックの雄姿を見ましょう。


ドラえもん のび太とブリキの迷宮』(1993)
評価 : ☆☆☆
映画『ドラえもん』シリーズ第14作。
90年代の映画『ドラえもん』では、特に思い出深い本作を観ることにしました。
序盤からドラえもんが退場、復帰するのは終盤ということで、シリーズでも異色の作品。


アクションヒロイン チアフルーツ』(2017)
評価 : ☆☆☆
女の子たちがご当地ヒロインとなって頑張る物語。
特撮ネタがふんだんに盛り込まれているようですが、知らなくても普通に楽しめます。
私は特殊撮影(SFX)としての「特撮」は好きですが、いわゆる日本の特撮ヒーローものとしての「特撮」はそこまで好きではないので、心底は楽しめなかったです。
女の子たちが可愛いので、それなりに楽しめましたが、あまり刺激はなかったですね。


プリンセス・プリンシパル』(2017)
評価 : ☆☆☆
美少女スパイアクション×スチームパンクアニメ。
本格スパイアクションとしては不純物が多く中途半端ですが、なかなかに楽しめる作品ではありました。
時系列シャッフルも中途半端でしたし、普通に時系列順で良かったのにね。



《ゲーム》

アニメや映画ばかり観るのも疲れるので、気分転換に久しぶりにエロゲーをやってました。


今回プレイしたのは『BETA-SIXDOUZE』です。
前作『ALPHA-NIGHTHAWK』も面白かったですが、本作も面白かったです。
完全に続編なので、前作プレイ必須ですね。
前作の良かった部分を受け継ぎつつ、前作で謎だった世界設定が明らかになり、戦いに決着が付きますので、かなり満足できました。
前作と合わせて一つの物語が完成されるので、2作合わせてプレイしましょう。
f:id:yukimurax:20200906201713j:plain


今月は『パパ活あやちゃんと種付けおじさん』もやりたいですね。
観たいアニメもいっぱいあるし、ゲームもやりたい…。
あぁ忙しい忙しい。
f:id:yukimurax:20200906201730j:plain