【アニメ】妖獣都市

f:id:yukimurax:20200423222550j:plain
『妖獣都市』は1987年に発売されたアニメです。


菊地秀行の小説を原作としたアニメ映画で、監督は川尻善昭です。
人間界と魔界が存在する世界で、両者の共存を妨害する者と戦う「闇ガード」を主人公とした作品です。


人間界の闇ガード・滝蓮三郎と魔界の闇ガード・麻紀絵は、両界の平和条約調印の為に来日するジュゼッペ・マイヤートの護衛を命じられる。
二人は調印を阻止しようとする魔界の者たちと激しい戦いを繰り広げる。


ハードボイルドなタッチが特徴の川尻氏が、アニメーターとしての本領を発揮した出世作とされています。
ダークでスタイリッシュな映像に加え、エロいシーン、グロテスクなシーンもあり、「大人向け」の作品として評価する人も多いですね。


ただ個人的には、映像は良いけど物語はどうなのよ?って感じもしましたね。
エロもグロもあるけどイマイチ刺激が足りないですし、いろいろ理屈が絡んでるわりにはオチも弱いので、大して印象に残らなかったです。


確かに雰囲気は良いけれど、雰囲気だけに止まっている感じで、大人の鑑賞に堪える作品かと言われると首を傾げる感じでした。
たとえ子供向け作品でも、本作よりも大人の鑑賞に堪える作品はいろいろあると思いますね。


本作の感想としてはそんな感じです。
この時期の川尻作品はそこまで楽しめなかったのですが、後に海外でも大ヒットした『獣兵衛忍風帖』は、妖艶、凄惨、エンターテイメントの度合いがアップして、かなり面白かったですね。


評価 : ☆☆